大切な髪を守る治療法|薄毛に悩む全ての女性へ

メンズ

脱毛とヘアサイクル

男の人

成長期が短くなる

平均的な成人の場合、髪の数は10万本あると言われています。そしてどんなに健康な人でも髪は一日100本は抜けます。それでも一定の髪の量が保たれているのは、「ヘアサイクル(毛周期)」があるためです。ヘアサイクルは成長期→退行期→休止期という一定のサイクルのことを指します。普通の状態であれば、一つのヘアサイクルが回るのに3年〜6年ほどかかります。しかし、ホルモンや環境などが原因でヘアサイクルが乱れてしまうことがあります。ヘアサイクルが乱れると成長期が短くなります。毛母細胞が活性化して髪が成長するのが成長期です。成長期にしっかり髪が伸びる前に抜け毛になると髪が生えない期間が長くなり、地肌が目立ってきて薄毛になります。

正常に保つには

薄毛にならないようにするには、ヘアサイクルを正常に保つ必要があります。しかし、人間は年を取るとホルモンのバランスが乱れ、代謝機能が落ちてきます。そうするとどうしても自然にヘアサイクルが乱れてしまいます。男性ホルモンの活性化が原因でなる男性の薄毛は、男性ホルモンを抑えるプロペシアの服用で予防できます。ただし、プロペシアは副作用が出ることがあるので様子を見ながら服用をする必要があります。45才以降の女性は、更年期障害が原因で薄毛になることがあります。女性ホルモンが原因の薄毛にはプラセンタ注射が効果的です。ただし、プラセンタ注射は献血ができなくなるリスクがあります。不安な場合はプラセンタのサプリメントがお勧めです。